« 転勤の季節 | Main | メジャーの本領 »

March 23, 2004

選抜、開幕

1試合10犠打の新記録でイチローの母校。名電工が開幕戦を制した。
相手は、立命館宇治高校、今をときめく話題校である。サッカー・野球・駅伝など全国レベルにのし上がり、勢いがある学校。海外からの帰国子女を積極的に受け入れて、3年後は、立命館大学へのルートもできている。
甥っ子もハンガリーから帰国して入学しているので興味のある学校だった。
野球は、選抜初出場、開幕試合でかなりのプレッシャーがあったと思うが、昨秋の神宮大会優勝高の名電工に善戦した。今後、高校野球界の話題校になるに違いない。
鹿児島でも第1シードが緒戦で散るゲームがあり、高校生の不安定な力が見られる。
いや、高校生にこだわらず、あの読売巨人軍さえもオープン戦では、負けが先行している。
やってみないとわからないのが野球だろう。いよいよ、明後日が初戦を迎える。普通にやれば勝てる相手、恐いのは慢心だけだろう。

|

« 転勤の季節 | Main | メジャーの本領 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24159/343985

Listed below are links to weblogs that reference 選抜、開幕:

« 転勤の季節 | Main | メジャーの本領 »